■ Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
■ Latest Entry
■ Category
RECOMMEND
セス・ブック 個人的現実の本質
セス・ブック 個人的現実の本質 (JUGEMレビュー »)
ジェーン・ロバーツ,ロバート・F・バッツ
RECOMMEND
セスは語る―魂が永遠であるということ
セスは語る―魂が永遠であるということ (JUGEMレビュー »)
ジェーン・ロバーツ,ロバート・F・バッツ
RECOMMEND
RECOMMEND
■ Archive
■ Recent Comment
■ Recent Trackback
2007.8.15 富士山でのご来光






富士山から帰ってきました。
写真はご来光。時系列逆から。
1番上、太陽がハート型! 
2番目、雲海がとっても幻想的。
3番目、透明感のあるオレンジがきれかった。
4番目、日の出、直前。
5番目、河口湖あたりは、まるでナイアガラの滝みたいな雲。

去年もガイドさんが最高のご来光、と言っていたけれど
今年はもっとよかったと思う。
もちろん、今年もガイドさんは今年最高のご来光、って言ってた。

今年のご来光がよかったのは
雲だらけじゃなくって下界が垣間見えていたこと。

特にこの写真では山並みがうっすら見えて
山中湖も見えてる!
絶景。
もうこんな風景見られて最高。


、、、って実はこの写真は頂上からではありません。

今年はバスの渋滞もなく、11:45には五合目を出発、
なんとあっという間に7.5合目にある東洋館に到着。
去年はかなり時間がかかったように思ったし、
それなりにしんどかった記憶があるが
今年のガイドさん(ベテランのわたなべみちおさん)は
休憩のタイミングがうまかったということもあり
たんたんと登るタイプだった、ということもあり
かーるがるとここまでは到着!

しかも、東洋館は去年から徐々に改装に入っていて
寝るところも今年はきれいになっていた!
お布団も新しくって湿気てない!!(去年はべたっとしていた)
しかも、アウシュビッツ状態からちょっと改善して
マッチ棒状態(?笑) 要は隣の人の足の間で寝ることは
今年は避けられて、ちゃんと頭が全部同じ位置で寝られた。
なんて贅沢〜、なんて思いながら横になれたのはとてもありがたい。

が、実は仮眠の間にだんだんだんだん頭痛と吐き気がしてきた。
それが高山病ではないことはわかっていた。
なんとなく鎌倉に行ったときになったのと同じ症状、、、。

一緒にいったフォトグラファーのみぽりんも頭痛と吐き気。
仮眠開け、彼女が一言。
「私、ここでやめとくわ〜」
そして、私も「私も、やめとくわ〜」

ガイドさんに辞めときます〜と伝えたら、案の定
「うん、その唇の色からして、高山病じゃないね」と言われた。
そうなんですよね〜。だって呼吸とか全然しんどくないんだもん。

ってなことで原因はさておき、
二人は東洋館でご来光を拝むことにした。

なぜか二人とも登頂に対してまったくこだわりがなく
リタイヤしたという意識もほとんどなく
すごく幸せな気分で帰ってきた。

きっと東洋館のご来光が素晴らしかったからかな。
&今回しかない、みたいな想いがまったくなかったからかも。

後で聞いた話、ガイドさんに
「あそこで辞める決断ができるのは富士登山のプロだね」
なんて言われていたらしい(笑)

そんなことを聞いて気をよくしてるってのもある(笑)

帰ってきてから「来年はリベンジ?」とか聞かれたけど
別に「リベンジ」する気もない。
だってなんの悔いも残ってないから。
ただ、来年も、きっと富士登山はする、ってだけ。


ちなみに、普通高山病だと
下山すれば急にすっきりしたりするらしい。
が、二人とも下山してもあんまり症状改善せず。
うーん、疲れがたまってたってのもあるだろうけど。
鎌倉と全く同じ症状、ってのが気になる、、。。。
帰ってから翌日も熱っぽいと思って測ったら
やっぱり熱があった。。。。
無理しなくてよかった、と思う。

∴ ∴ ∴ ∴ ∴ 

東洋館の前で去年のガイド、石澤さんに遭遇!
かなりうれしかった。
私たちが仮眠に入ったころ、ちょうど新たに宿に到着した人に
いろんな説明をしていたけれど、
やっぱり石澤さんの説明は聞いてるだけでワクワクする!
この富士登山そのものの経験を楽しむ、ってことを
すごく演出してくれるガイドさんだと思う。

サン&サンの登山ガイドさんは3人知ってるけど
みんな素晴らしい。
今年のわたなべみちおさんは登るときに
「エイエイオー!」とか、「何合目到着!」とかいうのは
全くないので、なんとなくあれよあれよと到着してしまう感じだけれど
とにかく混まないうちに楽に登る、ことへかけての配慮がすごい。
休憩のいれどころがまた絶妙で疲れる前にちょっと休める感じで
とにかく楽だった。
最後まで登った人によると、絶対に登頂のために「下山道は使わない」
っていうポリシーもあったみたいで、最後の登山道はかなり
キツかったらしい。(私は去年は混んでたので下山道を使って登頂)

もう一人はうちのグループが最初に参加したときのガイドさんだけど
みんな未だに「XXちゃん」(名前忘れたけどこちらもベテランさん)と呼んで
登山中に会えるのを楽しみにしてる。

他のツアーの中にはとーっても頼りなげなにーちゃんが
ガイドだったりするところがあったけれど
サン&サンはおすすめですよ〜。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

| アマナ*ケイコ | 地球の歩き方 | comments(4) | trackbacks(0) |
Comment
2007/08/18 8:57 PM posted by: keiko
お隣駅の肩こり人さま、
今回はお世話になりました。
&連続登頂お疲れさまです!
やっぱりあのご来光は最高ですよね。
すっきり本当に気持ちがよかったです〜。
ありがとうございました。
肩こり頭痛が気になったら、ぜひ一度
お越しくださいませ〜♪
みっちー&石ちゃん、今年まだまだ登るんですよね。
いいお天気に恵まれますように。

mizugameさま
いやぁ、ほんとに今年のご来光は
撮影のし甲斐がありました。
去年の一眼レフより今年のコンパクトカメラ。でした。

ふらんさま
2番目、いいですよね。本当に幻想的でした。
最後も高さがあるから初めて見られる光景ですね。

カラダは、、、。
熱は下がりましたが、なんだか、まだ残ってます。
今日になってまた胸のあたりのムカムカ復活。
鎌倉状態の一歩手前。うーん。
いろいろやってみてるんですが、いまいちすっきりしません。
もう少し時間がかかりそう。
2007/08/18 5:48 PM posted by: 隣駅の肩こり人
今年最後の富士山登りから帰ってきました。
すばらしい写真ですね。
特にハート型の太陽が
いろいろなご来光がありますが、あの日が一番だと本当に思いますよ。
昨日は、石ちゃんと登って来ました。みっちーと石ちゃんが最高ですよね。
今回はありがとうございました。
2007/08/18 10:42 AM posted by: mizugame
う〜〜。
いつものことですが、
いい写真だな〜、と見つめています。
プロに対してとっても失礼な言い草ではありますが・・・。
お身体お大事に。
2007/08/17 5:36 PM posted by: ふらんちぇすか
おかえんなさ〜い!

2番目と最後が好き〜〜

症状だいじょうぶすか?
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://blog.lightandcolors.info/trackback/685637
■ Search

    ■■■■■姉妹サイト■■■■■
■ Profile


ティンシャ 好評♪
ティンシャ チベタンベル
オリジナルポストカード
販売中♪
ポストカード ドルフィン
美しい響きの音叉たち♪
スペースクリアリングセット
スペースクリアリングセット
場の浄化の必須アイテム♪

奇跡のマッサージオイル
OLEO SPA
酸性度0.1%を誇る世界最高品質。天然100%スペイン産のオーガニックオリーブオイル! べとつきがなく、とっても心地よいさらりとしたシルクのような感触☆ アンチエイジングに!
■ Links