■ Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
■ Latest Entry
■ Category
RECOMMEND
セス・ブック 個人的現実の本質
セス・ブック 個人的現実の本質 (JUGEMレビュー »)
ジェーン・ロバーツ,ロバート・F・バッツ
RECOMMEND
セスは語る―魂が永遠であるということ
セスは語る―魂が永遠であるということ (JUGEMレビュー »)
ジェーン・ロバーツ,ロバート・F・バッツ
RECOMMEND
RECOMMEND
■ Archive
■ Recent Comment
■ Recent Trackback
ヨルダン旅行記 ヨルダン最終日(2) ジェラーシュ〜アンマンへ
3/8 ジェラーシュの続き。

アルテミス神殿からメインストリートに出る。
カルド・マキムスと呼ばれ、円柱が立ち並ぶ道。
写真左手の暖炉みたいなところには、光源を置いて
ライトアップしていたらしい。へぇー。


このあたりの柱の彫刻。


通りを南下していくと、右手に市場(アグラ)が見えてくる。


ここは、お肉屋さんだったところらしい。
肉をさばく台に牛やら羊やらの彫刻がしてある。


となりは香辛料屋さん、そのとなりは、野菜屋さんだったか。
(1ヶ月以上も経ち、さすがに忘れた)
そのあたりから出てきた種やらなんかで、何を売っていたかがわかっているらしい。
そして、ここはトイレ跡だそう。なんだかよくわからないけど。
が、ローマ時代のトイレはなんと水洗だったらしい。
恐るべしローマ人(再び)。


この遺跡を造っている石はとってもスペシャルらしい。
石を叩き合わせると、こんな音がする。

ピンぼけ映像はこちら☆ コーランの響きとともにどうぞ。



コーランを聞きながら、メインストリートを広場へ戻る

☆サウンド&映像はこちら


コーランって何言ってるのか、何を歌ってるのか、
私はさっぱりわからないけれど、
この土地には合ってる。
気分よ〜く、ジェラーシュを後に。

門を出る直前、国王の絵がばばーん。
実は、この国のあちこちに写真や絵が飾られている。



ジェラーシュを出て、アンマンへ戻る。
これまでの景色とはまたちょっと違うところ。
写真では見えないけれど、奥のほうに湖っぽいのがあってきれかった。


アンマンの街を見下ろす位置にもうひとつ遺跡があるので
そこへ連れて行ってもらう。名前は忘れた。


街中にもうひとつの劇場が埋もれている。
あまりにとけ込んでいるので言われなきゃわからない。


アンマンの街を鳩が舞う。


鳩を撮っていたら、こっちこっち〜と叫ぶ、アンマンの少年たち。


移動中の車から、アンマンの街の様子。


ヨルダン式ファーストフード店?


ゴールド屋さんがあちこちにあった。


通りの様子。



お腹ぺこぺこの私たちはようやく街の中にあるカフェへ。

続きはまた次回。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

| アマナ*ケイコ | ヨルダンの旅 | comments(0) | trackbacks(0) |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://blog.lightandcolors.info/trackback/530847
■ Search

    ■■■■■姉妹サイト■■■■■
■ Profile


ティンシャ 好評♪
ティンシャ チベタンベル
オリジナルポストカード
販売中♪
ポストカード ドルフィン
美しい響きの音叉たち♪
スペースクリアリングセット
スペースクリアリングセット
場の浄化の必須アイテム♪

奇跡のマッサージオイル
OLEO SPA
酸性度0.1%を誇る世界最高品質。天然100%スペイン産のオーガニックオリーブオイル! べとつきがなく、とっても心地よいさらりとしたシルクのような感触☆ アンチエイジングに!
■ Links