■ Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
■ Latest Entry
■ Category
RECOMMEND
セス・ブック 個人的現実の本質
セス・ブック 個人的現実の本質 (JUGEMレビュー »)
ジェーン・ロバーツ,ロバート・F・バッツ
RECOMMEND
セスは語る―魂が永遠であるということ
セスは語る―魂が永遠であるということ (JUGEMレビュー »)
ジェーン・ロバーツ,ロバート・F・バッツ
RECOMMEND
RECOMMEND
■ Archive
■ Recent Comment
■ Recent Trackback
ヨルダン旅行記 ペトラ1日目 (1)
3/4 (sun) 今日はいよいよペトラ遺跡へ。

ヨルダンで初めて迎える朝。
かなり早く目覚める。
早朝のホテルからの眺め+鳥のさえずり+コケコッコー映像はこちら

朝早くから羊飼いたちが羊をつれて出勤?(ホテルの窓から)



朝食(味もメニューもふつー)を済ませ
例の運ちゃんが9時に迎えにくるまでお散歩することに。

向かいの羊たちが歩いていたところを目指して私たちも歩いて行く。
途中、いきなり、お馬さんに遭遇。


朝だけどやたら陽射しがきつい。


坂からの景色


朝のひとときをのんびり楽しむ2人?
悩んでるようにも見える。。。


なぁんてゆっくりとこの時間を楽しもうと思ってたら
ホテルにあの例の運ちゃんの車が到着したのが見えた。
あれ? まだ9時じゃないよね。
もうちょっとゆっくりしておこーよ。

ということでのんびり歩いていたら
運ちゃんがやってきた。

「ここで何やってるんだ」

「何ってお散歩だよ」

「乗れ」

「え? 歩いてるんだけど」

「いいから乗りなさい」

うーん。ま、いいか。

「向こうから見えたの?」

「いや、ホテルの人が教えてくれた」

ぎゃぁ、こわい。ホテルの人も私たちがどこに行ったか
後を追ってみてたのか〜。(笑)

ということで、なかば強制連行状態で、タクシーに乗っけられ
ホテルへ戻り、ペトラへの出発準備。

ペトラへは、泊まっていたホテルから5分くらい。
山を下り、途中、Wadi Musaという町を抜けて到着。

入り口のところで運ちゃんから、中を案内している
ガイドさんに引き継がれる。

ガイドさんは2時間程度案内してくれて、その後は自由時間。
午後5時に再び運ちゃんと待ち合わせして
ホテルへ連れ戻して(?)もらうことに。

ペトラ遺跡には入場料が必要。
一人20Drだったか、22Drだったか。
日本円にすると4000円弱。結構高いのだ。

ペトラ遺跡は1812年に英国系スイスによって
その存在がヨーロッパに伝わったらしいが
それまでは西欧にその存在は知られていなかったみたい。
現地で買ったガイドによると、もともと遊牧生活を送っていた
ナバティア人が紀元前6世紀ごろペトラ周辺に定住し始め
AD106年にローマ帝国に併合されるまでその繁栄は続いていたという。

(ま、この辺の歴史はどれが正しいというのは決して判断
 できないように思う。 実はこれを書いている2、3日前に
 日本とペトラの思わぬつながりを示す文書に遭遇し、
 その観点からすると壮大なスケールでこの遺跡が使われていたことが
 推測できる。が、これについてはもう少しはっきりわかってから
 書く事にして、今日はこのまま旅日記続けます)

さて、チケットを渡して中に入ると、
いきなり、馬に乗れ、ということで
馬に乗って奥のほうまで〜。
ガイドさんは馬降りたところから案内してくれるそう。

ということで馬に乗る。
私を乗っけてくれたコは「サトウ」だと名乗った。
そして馬を連れてる人がみんなくちそれぞれに
「サラバじゃ!」と言うには笑った。
誰だ、そんな言葉を教えたのは〜!!

馬上から、ペトラの映像はこちら



さて、馬からおり、いよいよ断崖に挟まれた補足狭い道、Siqへ。



上を見上げるとこんな感じ


幅は広くなったり狭くなったり



左側に見えるのは水路。
ちゃんと水を引いてくるシステムがこの大昔にあったという。すごいなぁ。


どっちがどっちか忘れたが、多分左側が動物用で右側が人間用??
とかなんか区別があったような。




Dushara(ドゥシャーラ)という神様がまつられているところ


横からみると魚、前からみると象に見える岩


魚、象を表すアラビア語と、
日本語の発音をアラビア語の音で表現してメモするガイドさん


岩肌はとってもきれい。




顔に見えるなぁ。そんなのがいっぱいあった。


ここはかなり黄色いのが混じってる。クリームが解けたみたいでもある。


巨人の足。元々は全身あったようだけれど浸食で足下だけ残っている。


ときどき馬車が駆け抜ける.


そういえば、、、
実は馬車に乗るお兄ちゃんに、馬に乗ってるときに声をかけられた。
夕食まで誘ってくれたけど、最終的に断っちゃった。
すっごいカッコよかったから写真とっとけばよかった。(後悔)
私もほとんど一目惚れっちゅうくらいカッコよかったのに、、、(笑)。

そんなかんだしながら、ゆっくりと先へと進んでいく。
まるでテーマパークに来ているようなそんな感覚。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

| アマナ*ケイコ | ヨルダンの旅 | comments(3) | trackbacks(0) |
Comment
2007/03/28 9:20 PM posted by: keiko
tomooちゃぁん!
ご無沙汰しちゃってます。
ラピュタもナウシカもあんまりちゃんと見てないので
どっちかわからないけど(笑)
いいところではありました。
写真撮りそびれた彼、
断ったらすっごい悲しい顔してたんだよね〜。
日本じゃあり得ない(笑)
2007/03/26 4:39 PM posted by: tomoo
あ!ナウシカみたい?!かな
どっちがなんだったか忘れちゃいましたけど、とにかく素敵なり
2007/03/26 4:37 PM posted by: tomoo
とっても素敵ですね〜
ラピュタみたい〜
次回はぜひお供させてください!

あのぉ…素敵な殿方ちゃぁんと撮っておいてくださいね!

name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://blog.lightandcolors.info/trackback/502167
■ Search

    ■■■■■姉妹サイト■■■■■
■ Profile


ティンシャ 好評♪
ティンシャ チベタンベル
オリジナルポストカード
販売中♪
ポストカード ドルフィン
美しい響きの音叉たち♪
スペースクリアリングセット
スペースクリアリングセット
場の浄化の必須アイテム♪

奇跡のマッサージオイル
OLEO SPA
酸性度0.1%を誇る世界最高品質。天然100%スペイン産のオーガニックオリーブオイル! べとつきがなく、とっても心地よいさらりとしたシルクのような感触☆ アンチエイジングに!
■ Links