■ Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
■ Latest Entry
■ Category
RECOMMEND
セス・ブック 個人的現実の本質
セス・ブック 個人的現実の本質 (JUGEMレビュー »)
ジェーン・ロバーツ,ロバート・F・バッツ
RECOMMEND
セスは語る―魂が永遠であるということ
セスは語る―魂が永遠であるということ (JUGEMレビュー »)
ジェーン・ロバーツ,ロバート・F・バッツ
RECOMMEND
RECOMMEND
■ Archive
■ Recent Comment
■ Recent Trackback
ヨルダン旅行記 ヨルダン到着! 初日(1)


3/3 ひなまつり 午前 アンマンの空港に到着!

現地の代理店のアシスタントさんが出迎え、
誘導されるまま、入国審査もまぁすんなりと通り、
外へ出ると、2人はドライバーに引き渡される。

うーん、なんだか、ヤクザみたいな出で立ち。
さっきのアシスタントさんはなんとなく
イタリアンな感じで、愛想はよかったが
このドライバーさんはちょっと強面。

乗るといきなり、
「今日はペトラに行くことになってるが
 Mt.Neboというところと、Madabaの教会を
 見に行きたければ、オプションとしてつれてく事ができるよ、
 どうする? 興味あるなら金額を代理店に確認するけど。」
と言われ、うーん、まぁ、じゃぁ、お願いするか、
とペトラに行く前にそこに寄ってもらうことにする。

「あ、その前にとりあえず、ヨルダンのお金全然持ってないから
 ATMに寄って〜」
と頼みまずは最寄りのATMへ。

「1週間の滞在だと2人でどれくらいあればいい?」
って聞くと
「200ディナール!」ってことだったので
それが日本円でいくらだか、皆目検討つかないまま200ディナールを
引き落とす。

ちなみに、今回お金の準備としては、空港で米ドルに少し換金。
最近は便利で、JCBカードがあれば、日本の現金なしで
米ドル、その他通貨に換金してくれる トラベレックスというのができてる。
私はJCBにNWのマイレージが溜まるサービスをつけているので
外貨に両替するだけでマイルがちょっと貯まるなんて
ちょっとうれしいではないか。

もちろん、ヨルダンって日本人観光客があまり行くところではないからか
ヨルダンディナールの取り扱いなし。
でも、ヨルダンでは、米ドルが結構使えるってことで
今回は米ドルで。

そして、肝心のヨルダンディナールだけれど、日本円との比較、
今となってはようやく把握できている!
1ディナールが175円程度。
ディナール、結構強いのだ。びっくり。

さて、話を戻して、まずは、MADABAという町までの風景なんぞ。


オリーブ畑も結構ある。

かなり、のどか。

まず最初に連れられていったのがMadabaの教会。


1400年前に、Holy Landの地図がモザイクで造られたのが
残っている教会だそう。


もともと25mx25mくらいで、
イスタンブール、シリア、レバノン、エジプトあたりも含む
大きな地図のモザイク画だったそうだけど
今は、4mx5m程度のみ残ってて
ヨルダン、パレスチナ、エジプトが少し残ってる、らしい。
(アラビア語なまりの運ちゃんの言葉を聞き取ってるので
 間違ってたりしたらごめんなさい)


おお、聖書? 聖歌集? はアラビア語:


このマリアさまを拝むことでガンが治った人がいるという:

ちなみに、ここはカトリックではなくギリシャ正教会。

ダヴィンチコードで一般の人にも有名になった、最後の晩餐:


続いて、Mt.Neboへ。
ここは予言者モーゼのメモリアルプレイスだそう。
ここからHoly Landを眺めたとか。
ヨルダン渓谷、死海、イェルサレムの山々を眺めることができる。

ここはちょっと動画をアップしてみます。
 #QuickTimeで観てね!
 #変な声が入ってますが(笑)、景色と鳥のさえずりをお楽しみください♪

さて、この後、モザイク作りの工場へ案内すると言われたけれど
それって何か買わされるよねぇ、、、と思い、
ペトラに行きたいからそれ、キャンセルする、と伝える。

とりあえず、めんどくさいのひとつカット。
ツアーでいくと、あちこちこういうところに連れてかれるのがめんどくさい。

ということで、お腹が空いたのでとりあえず、
昼食食べるところに連れてって〜と依頼。

連れていかれたところは、どうやらやっぱり(笑)お土産屋さんと
一緒になってるところ。

ビュッフェ形式で好きなものを選ぶことになってる。
初アラブ料理??


私はこのスープが気に入った。


それから、写真を撮りそびれたけれど、ここでアラビアンコーヒー(だっけ?)も
頼んでみる。
カルダモン入りで私はとっても気に入った!
(口に合わないひとは全然ダメかも)

でも、最後に粉がすごい残る。。。
現地の人はこの粉は当然残す、、、ということは後から知った。

料理が済んだあと、当然のように土産物屋に連れて行かれる。
まださっき着いたとこなのに〜!!!(苦笑)

でもって、こんな衣装を着さされたりする。
着るのはタダだよ、と言われたので、もうその言葉その通り、受け止めます。
ってことで、これは誰でしょう?状態で:


おっと、結構時間が経ってしまった。
ペトラへ行こうよ、ペトラへ!

ってことで、ペトラへ行く途中の風景をいくつか:

陽射しはキツイ


丘の上に昔の城の跡??


住居跡かな?


ちょっとカッパドキアっぽい


土の色のグラデーションがきれい


乾いた土地に一輪の花



なぁんにもないところもある


樹齢何年だったか忘れたけど、かなり古い樹

これも枯れてるように見えるけど、実はちゃんと生きてる、
ひいじいちゃんの樹らしい。

、、、なんていう行程を経てペトラについたころには
もう4時近くだったか。
今からじゃ、ペトラ遺跡見学はもう間に合わない、と言われ
とりあえず、ホテルにチェックイン。

ふぅう。

続く。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

| アマナ*ケイコ | ヨルダンの旅 | comments(5) | trackbacks(0) |
Comment
2007/03/19 11:09 AM posted by: Kei
なんちゃって!
2007/03/19 11:08 AM posted by: Kei
美しい私も載せてください・・・
2007/03/18 10:31 PM posted by: keiko
しゅうちゃん、
ドライバーさんに目をつけたあなたは鋭い!

ヨルダン、結構オリーブも名産みたい。
なんとスーパーには日本のJASマークJONAマークがついた
オーガニックのヨルダン産オリーブオイルも
売ってたよ。

ヨルダンはキリスト教と実はとてもゆかりの
深い土地なのです。

あーちゃん、
報告遅くなりました〜。
メインのところの写真はもう少し大きいのも
載せようかなと思います。お楽しみに!
2007/03/18 8:22 PM posted by: あーちゃん
早速綺麗な写真!!
もっと見るのが、楽しみだなぁぁぁ〜〜!!!
2007/03/18 9:44 AM posted by: しゅう
いよいよ ヨルダン旅行記の始まりですね^^

なかなか ドライバーさん いい味だしているようですね
それもまた 旅の醍醐味ですね

ヨルダン って あまり予備知識がないんですが オリーブの木があるから 地中海っぽい乾燥した気候なんですかね?
ほとんど 砂漠と言うわけでもないみたいですし・・・

でも、アラブ世界の中のキリスト教というのも 違和感がありつつも面白いですね。
僕らが思いも付かないほど 長い長い歴史が経っているんでしょうね。


また 砂漠地帯の本当に なんにもなーいって 写真もある意味すごいですよねw

続き また楽しみですね^^
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://blog.lightandcolors.info/trackback/497921
■ Search

    ■■■■■姉妹サイト■■■■■
■ Profile


ティンシャ 好評♪
ティンシャ チベタンベル
オリジナルポストカード
販売中♪
ポストカード ドルフィン
美しい響きの音叉たち♪
スペースクリアリングセット
スペースクリアリングセット
場の浄化の必須アイテム♪

奇跡のマッサージオイル
OLEO SPA
酸性度0.1%を誇る世界最高品質。天然100%スペイン産のオーガニックオリーブオイル! べとつきがなく、とっても心地よいさらりとしたシルクのような感触☆ アンチエイジングに!
■ Links